「実際にどうやって工事が始まるの?」「どのタイミングで契約になるの?」…など、お客様によって各々ご不明な点をお持ちかと思います。依頼から施工まで、全体のおおまかな流れを簡単にご紹介いたします。

構造物解体工事の流れ

まずは、お客様が解体をご希望されている家屋や物置など対象物の構造を調査します。
周囲の建築物の状況・条件なども総合的に検討し、お見積りを作成いたします。

お見積りをご提案させていただく際に、構造物解体工事に関する手続きや注意事項などについてご説明いたします。
お客様がお見積りおよび説明事項にご納得・ご理解いただきましたら、正式に契約となります。

ご近所一軒一軒へ、解体工事が始まる旨をご挨拶にまいります。

解体の対象物に仮囲いをして、ご近所へご迷惑がかからないよう、細心の注意を払います。まずは手壊しで室内の構造物解体工事を行います。瓦屋根・スレート瓦も一枚一枚取り外します。
次に母体を解体します。ここでもご近所への配慮として、ホコリが飛ばないように散水しながら解体を進めていきます。
建物の解体が完了したら、次は基礎部分の解体です。ゴミ・コンクリートも取り除き、整地を行います。
最後に隣接道路の清掃や、近隣のゴミ掃除を行います。廃材は搬出し、リサイクルが可能なものはリサイクル処理へと手配します。

解体工事が完了しましたら、最終確認時は、お客様立ち会いのもと現地をご確認いただきます。
工事の仕上がりにご納得いただきましたら、無事にお引き渡しとなります。

産業廃棄物収集運搬、不用品処理、遺品整理の流れ

まずは、お客様が運搬・処理・整理などをご希望されている対象物の構造を調査します。
作業量などを総合的に判断し、お見積りを作成いたします。

お見積りをご提案させていただく際に、産業廃棄物収集運搬・不用品処理・遺品整理に関する手続きや注意事項などについてご説明いたします。
お客様がお見積りおよび説明事項にご納得・ご理解いただきましたら、正式に契約となります。

必要なものと不用なものを仕分けします。不用品の中でも資源として再活用できるものは、リサイクル処理へと手配します。

産業廃棄物収集運搬・不用品処理・遺品整理が完了しましたら、最終確認時は、お客様立ち会いのもと現地をご確認いただきます。
仕上がりにご納得いただきましたら、無事にお引き渡しとなります。